FC2ブログ

医局ブログ

ホームページが少しリニューアル

こんにちわ鬼です。

11月の健診に向けて仕事終わりに2km走って、12km自転車に乗って帰っています。
めざすは健診までに-5kgです。

実は先日、ほんのちょっぴり岡山協立病院の研修医リクルートサイトのホームページが新しくなっています。
一つはなんと、動画が見れちゃいます。さて、どんな動画かはクリックして確かめてください。
もう一つは新しくなったパンフレットが見れます。どんな中身かは、またまたクリックして確かめてみて下さい。

そんな気になるホームページはこちらから。
スポンサーサイト



  1. 2014/09/29(月) 12:03:09|
  2. そのほか
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

医学生の夏休み

みなさんこんにちは。医学生のキジです
9月も真ん中になりましたね。

みなさん夏休みはいかがだったでしょうか?
学生さんの中には9月末まで夏休みの方もいらっしゃることだと思います。そんな学生さんを横目に社会人は日々通勤していることでしょう夏休みは学生の特権!思う存分満喫して下さいね

そんな中、キジは8月22日~24日に岡山県民医連主催の医学生夏合宿に行って来ました!

今回の開催地は熊本県水俣市。

水俣病について学んで来ました。おかやま医学生サポートセンターでは事前学習を重ね、本番の合宿に臨みました。

今回、私たちは学生さんと一緒に以下の3つの目標を掲げ取り組みました。
①自分の目指す医療者を考え、語ろう!フィールドワークやディスカッションを通し、どんな医療者になりたいか考えよう。
②視野を広げよう!・・・学部学校の違う学生同士はもちろん、現場で働いている医療従事者と交流し、視野を広げよう!
③楽しい夏の思い出をつくろう!・・・楽しい合宿にするには一人ひとりの協力が不可欠!たくさんの出会いと、学びを楽しもう!

 
23日にはミナマタ現地調査に参加しました。今回の現地調査では、沿岸部だけでなく水俣病の被害があることを初めて知りました。水俣湾や不知火海で獲れた魚を行商の人が、毎日、山間部まで運んで食べていたということでした。元国鉄員の方や、行商の方のお話、山間部に住んでいる患者さんのお話をお聞きしました。

そこには私たちが知らないことばかりでした。水俣病患者の戦いはまだまだ続いています。最近、水俣病だと分かった方、自分はずっと違うと思っていた方がまだまだたくさんいること。もしかしたら自分は水俣病だと思っているけれど、言い出せない人もたくさんいること。自分が水俣病だと知らない人もいること。今回参加した私たちは、ほとんど水俣病が過去の病気だと思っていました。

水俣病が発展してきた歴史的背景、地域のしがらみ、いろいろなことを目の当たりにしました。チッソという会社が地域でどんな存在だったか、何を進めてきたか、何を隠して来たか、何をしようとしてきたか。目に見えるだけの大きさにとどまらず、日本の経済発展の裏にたくさんの悲劇が隠れていたことを感じました。水俣病はまだまだ終わっていなかったのです。そのことは私たちにとってはとても大きな衝撃でした。今回の合宿で、見たこと・学んだこと・水俣病と戦う方々の思いをしっかりと受け止め、伝えていきたいと思います。

また、岡山でも公害に悩んでいる患者さんがたくさんおられます。私たちの地元に目を向け、地域住民・患者のとともに生きていけるような医療人になりたいと思いました。

水俣を通して、未来の医療人について考えられたことは本当に貴重な時間でした。卓上で学べることだけではない学びをさせてただきました。

岡山医学生サポートセンターでつながった学生さんの他に今回は鹿児島からも学生さんが参加してくれました。それぞれの学生さんがそれぞれの思いでこの夏合宿のことを伝えられたらと思います。10月11月には水俣病大検診があります。参加してみたい方は岡山協立病院 臨床研修センター(086-272-2121)までご連絡下さい!

そして今回の夏合宿を主催した岡山民医連は医学生さんの学生生活をサポートし、学びを提供しています。
ホームページもありますのでぜひチェックして下さい

今回は水俣市議会議員の野中さんが案内してくれましたDSC_3740.jpg

水俣協立病院の屋上から見たチッソ
DSC_3736_2014091815134974a.jpg



DSC_3754.jpg

DSC_3765.jpg

DSC_3773.jpg

チッソの前進となる曾木発電所の跡地
DSC_3896.jpg
DSC_3928.jpg

山間部の国鉄の駅の跡地
DSC_3959.jpg


帰りの電車の時間まで時間が合ったので少し観光もしました。

熊本名物馬刺し
DSC_4132.jpg

熊本城
DSC_4141.jpg


岡山で初期研修をするなら総合病院岡山協立病院






  1. 2014/09/24(水) 10:23:22|
  2. 医学生
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

予防活動をすすめよう!

脳いきいきの講演
こんにちは!医師医学生課のさる改め臨床研修センターのさるです。
先週は、岡山医療生協の組合員集会に参加してきました。
医療生協は、病気になる前の予防活動に積極的に取り組み、地域でさまざまの取り組みを行っています。
今回の集会では、認知症予防の「脳いきいき」の話と、お口の健康を進める「健口体操」のでした。
 脳いきいきの話は、講師の絶妙なトークで、会場は笑いの渦で包まれました。一日10人とおしゃべりして、笑ってストレス発散することは認知症予防に大切だそうです。興味のある方や、講習を受けたい方は、岡山医療生協の組織部(086-271-7880)にご連絡ください。役立つ情報が満載です。

その講演の中で、ほほえみという詩が紹介されていました。
 「ほほえみ」
ほほえみ それは一文も元手はかからない
しかし、 おどろくべきものを人に与える
ほほえみ それは人に与えても減りはしない
しかし もらった人を限りなく豊かにする
ほほえみ それを生み出すのに時間はかからない
しかし それを受けた人の記憶の中には永遠に残ることさえある
ほほえみ これがなくても生きていけるほど強い人は この世にいない
これがなくてもいいほど 豊かな人もいない
ほほえみ それは人生のあらゆる問題に対して 神の与え給おうた妙薬である
しかし このほほえみはお金で買うことも 人から借りることも 盗みとることも出来ない
ほほえみ それは家庭の中に幸福を作り出し 職場に善意をつちかい 友情をやしなう
ほほえみ それは疲れ切った魂に安息を与え
失望した人に励ましを与え 悲しい心に光をもたらす
それは貴方の心の奥底から湧き出して
惜しげもなく与えられた時だけ 値打ちが出てくるものである
ある人は あなたにほほえみを与えることが出来ないほど疲れている
だから その人にほほえみをあげることの出来るのは あなたです

みなさん、普段ほほえんでいますか。

ほほえみを忘れずに頑張ろうと思うサルでした。
ウッキッキー
  1. 2014/09/18(木) 11:46:44|
  2. 研修
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

涼しくなりましたね。

9月に入って夜が過ごしやすくなりました。
季節の変わり目は体調を崩しやすいので、健康管理はしっかりしないといけませんね。

話は変わりますが、ひそかにオープンしたoni cafeですが、
そろそろホットに切り替わってきました。

ホットだとラテアートが出来るんです!!

こんな感じです
IMG_1070_convert_20140909091903.jpg

疲れた心と体を癒すコーヒーを是非当院で!
  1. 2014/09/09(火) 09:23:11|
  2. そのほか
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

JCEP(卒後臨床研修評価)に向けて

 夏休みも終わり、みなさんいかがお過ごしでしょうか。
1年目研修医も入職して約半年が過ぎ、病棟業務だけでなく、救急外来にも上級医と一緒に入るなどして研修の範囲も拡がってきました。

 さて、みなさん「JCEP」をご存知でしょうか?

 JCEPとは、
 「当機構は、国民に対する医療の質の改善と向上をめざすため、臨床研修病院における 研修プログラムの評価や人材育成等を行い、公益の増進に寄与することを目的とする。
 (NPO法人卒後臨床研修評価機構ホームページより)と書かれています。

 つまり、NPO法人卒後臨床研修評価機構が実施する臨床研修病院における初期研修プログラムの評価、研修内容の評価のことです。

 全国にある臨床研修病院は、規模(病床数)、場所(大都市、地方都市、へき地など)、職員の質・量、技能(総合性・専門性)、研修へのやる気(地域医療の担い手・労働力)など環境がまちまちです

 そこで、第三者機関による評価を受けることで、臨床研修病院としてしっかりと医師研修を行えているか審査を受けます。研修医の先生方が将来の医療を担っていくために研修の質は非常に重要です。
全国には1,000を超える臨床研修病院がありますが、まだ認定病院は158病院しかありません。また岡山県内では3病院のみです。
 ぜひ、これから初期研修先を探されている方は、認定病院かどうかも参考にして下さい。

 当院は10月下旬に受審予定ですので、結果をブログにて報告をさせていただきます。


 



 
  1. 2014/09/03(水) 11:20:36|
  2. 研修
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

広島災害支援

岡山協立病院では、8月27日から広島災害支援を行っています。
毎日4人~6人職員を現地に派遣し泥のかき出しや地域訪問などをしています。

支援に入った場所は安佐南区八木という地域です。
土砂崩れのあった現場は想像をはるかに超える光景でした。
CIMG2634_convert_20140902184006.jpg

CIMG2642_convert_20140902184114.jpg

CIMG2687_convert_20140902184148.jpg


ほぼ一階部分は土砂で埋まってしまい、私たちが歩いている土砂の高さは2階ほどの高さでした。
家の中に入った土砂のかき出しも、大きな岩や小さな石が思った以上に多く作業も思うようにははかどりません。
水を多く含んだ泥の為、土嚢袋に詰めるのも一苦労。一軒の泥出しを終えるのに3日かかりました。
また家の中の泥出しをしても家の前の道の土砂には中々手が付かないのが現状です。

各地からボランティアが支援に来ていますが、復興にはまだまだ時間がかかりそうです。
  1. 2014/09/02(火) 18:20:20|
  2. そのほか
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0