FC2ブログ

医局ブログ

内科研修

こんにちは。研修担当のイヌです。
本日の岡山は、台風の影響で豪雨となっております。
 明日いっぱい雨の予報で、今日で2日間雨が続いています。岡山は晴れの国なので、こんなに雨が続くことはめったにありません。台風が何事もなく通り過ぎればと思っています。


 今日は、内科研修について紹介します。
 まず、当院の研修医は全員「内科」からローテートしていきます。
総合内科病棟が研修病棟となっており、その病棟を中心に入院患者さんを受け持ち、担当医として診療を行います。
 内科疾患を学ぶことはもちろん、医師としてのプロフェッショナリズムも重視して指導を行います。

_MG_7698.jpg


 はじめは、受持ち患者さんが1~3名です。研修医の状況や患者さんの状態に応じて、段々と受け持ち患者さんを担当していきます。だいたい6月には5名ほど、7月には8名ほどの担当をします。受け持ち疾患も呼吸器・消化器・循環器・糖尿病など幅広く研修を行い、病態を正しくとらえ考えていくプロセスを大切にしています。

DSC_0182.jpg


 基本的に一人ひとりの患者さんをじっくりと診るという方針で研修を行います。
受け持ち患者さんは、指導医や後期研修医と2~~3名で担当をします。研修医と指導医が一緒に回診を行い、治療・検査について相談しながら進めていきます。
 また、毎朝の研修医カンファレンスや毎夕の指導医との振り返りで、研修医の受け持ち患者全例の振り返りと治療方針や疾患への考え方など毎日研修医と指導医がコンサルトできる体制となっています。

IMG_4752.jpg

 手技に関しても、当院は少人数の研修なので自分の受け持ち患者さんでなくとも、手技の機会があれば研修医に積極的に経験をしてもらっています。手技はシミュレーターなどで事前にレクチャーを受け、手技実施後は研修医と振り返りを行い技術を高めていきます。

IMG_4314.jpg

 医療面接や身体診察などは毎週の研修医レクチャー、教育回診で指導を行い基礎を固めていきます。
内科研修は、総合内科研修として行い、選択期間にて内科専門別の研修を行っています。

_PDL0463.jpg


 研修医と指導医が気軽に相談でき、自分の力量に応じて研修をサポートできるきめ細かい研修を行っています。
医学生のみなさん、病院実習で実際を見に来られませんか。お待ちしております。

IMG_4749.jpg

 







スポンサーサイト



  1. 2013/06/21(金) 12:23:15|
  2. 研修
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<中四国民医連医療系学生のつどいin岡山大学(1) | ホーム | 事例に学び 事例でつながる 第4回アルコール専門研修>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://igakusei214.blog.fc2.com/tb.php/18-31c197e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)