FC2ブログ

医局ブログ

中四国民医連医療系学生のつどいin岡山大学(3)

医学生担当のキジです

7月下旬は研修担当のイヌさんは夏休み中でとても静かな毎日を送っていました。

そしてやっとブログが書けます。

だいぶだいぶ間が空いてしまってすみません。

中四つどいの2日目は

日本の医療と貧困のシンポジウムでした。

講師は
潮江診療所 所長 内田好彦先生
高松平和病院 リハビリテーション科 大西和子氏
ほっとスペース25 金平 学氏

の方々でした


それぞれの事業所での事例を紹介してくださいました。
無料低額診療事業を利用する人の中には、重症または緊急な状態で入院している状況の方もおられるそうです。
参加者からは「多くの人がそんなに悪化するまで我慢していたんですね・・・」との声が上がりました。

ご自身の経験談や事業所の取り組みなどを聞く中で、共通していることは現場の状況や現場の声を社会に向けてもっと大きくしていかないといけないということでした。
現場のことは現場の人にしか分からないけど、それを社会に発信できるのも現場の人しかいません。

最後のまとめでは松江生協病院 鈴木健太郎医師が

「今回のつどいは、貧困を通じて医療のあり方を考え学びました。地は大学に、目は社会に向ける事で、次の医療を担うあるべき姿が見えてくるのではないでしょうか。これからも、是非、単に医学を学ぶのではなく、患者さんや地域住民をとりまく社会情勢や健康について学んでいきましょう」



と締めくくられました。


と、いうことで岡山民医連はこの夏高知で医系学生夏合宿2013を開催します

そう!シンポジウムの講師であった内田所長の潮江診療所がある高知県です。

テーマは「Revive~医療が貧困を救う~」です!

興味あるの学生さんはぜひご参加下さい!

お問合せ・お申込みは下記までお願いします☆

岡山協立病院
医師医学生課
近藤 裕子
℡(086)271-7882(代)
E-mail igakusei@okayama-health.coop

夏合宿2013チラシ



スポンサーサイト



  1. 2013/07/26(金) 21:07:17|
  2. 医学生
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<医師道 | ホーム | 救急医療研修について>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://igakusei214.blog.fc2.com/tb.php/25-14cde013
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)