FC2ブログ

医局ブログ

医師になるきみに期待すること

みなさん、こんにちは。研修担当のキジです
ブログの更新が出来ずすみません
臨床研修センターは元気です

どんな感じかというと、

先日職場へ戻る途中にキジは麻酔科研修を終えた研修医F先生と遭遇し、「おつかれさま~」なんて言いながら歩いていました。

医局に入り、

「(今日はオペ)多かった~?」と振り返るとそこには指導医T先生。

目が点になるT先生。

固まるキジ。

「あれ?す、すすいません!!F先生だと思ってました!」

すると、T先生「僕はF先生みたいに大きくないよ~。ははは~」(F先生は身長180㎝以上)と軽やかに去っていく。

優しさに救われるキジ。

それを見て楽しそうなF先生。

こんな優しい指導医がおられる協立病院へぜひ実習へお越し下さい(^^)
春休みを利用してお気軽にご連絡下さい。スタッフ一同心よりお待ちしてます。

さて、話は変わりますが今日はもう一つ紹介したいことがあります

先週の土曜日に医学部を目指す高校生に向けて我が協立病院の副院長が朝日高校に講演に行って来ました!

副院長、朝日高校出身です。

テーマは「医学部に進学して思うこと」でお話をされました。

最近の医療のトピックスから先生のこれまでの経験まで幅広くお話され、医師にとって大切なことや医師に求められることなどを

分かりやすくお話されました。

医学部を目指す3年生にとっては将来を想いながら聞くことができたのではないでしょうか。みなさんとっても真剣に聞いていました



1番後ろで聞かせてもらっていたキジも改めて医師の役割の大きさと大変さを感じました。

と同時に同じ病院で働く者としてとても勉強になりました。

医療が日々進歩する中でも何が大切なものか見失わないで考えていきたいですね。

講演の中で 、副院長はつぎのようにおっしゃいました。

・医師の道に寄り道をして無駄なことはない。それが生かせる職業だ。
・今の医師に求められるものは「問題解決力」
・医師にはいろいろな生き方がある。学生時代に自分が医者にふさわしくないと思う必要はない。
・医療はアートであり、取引ではない。指名であって商売ではない。その使命を全うする中で、あなたはその心を頭と同じくらい使うことになる。


などなど、これから医師になるみなさんへ期待を込めてお話しされていました。

将来、同じ医療の道で再会できることを楽しみにしています

一緒に頑張りましょう

そして土曜日から医師国家試験が行われていますね。協立病院で研修予定の2人も頑張っていることと思います!

全国の受験生のみなさんが素晴らしい春が迎えられるよう岡山から応援しています
スポンサーサイト



  1. 2016/02/08(月) 08:47:12|
  2. 医学生
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<OSCEをおこないました。 | ホーム | 最近読んだ本>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://igakusei214.blog.fc2.com/tb.php/76-56e5e518
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)